南山大学

 

トップワールドプラザ時間割コーヒーブレイク英語相談チーム
NEPASのTEAM 教員紹介   NEPASコーディネーター挨拶  NEPASのFD

NEPASのFD (Faculty Development)

2009年度|2008年度|2007年度2006年度2005年度

Faculty Development 2008年度の取組み

  7月16日 上智大学理工学部訪問 現代GP取組についての交流会
  10月14日 神田外語大学訪問および教育交流会、慶応義塾大学外国語教育研究センター訪問および教育交流会
  12月17日 Tony Ryan氏による「Teaching a pedagogically sueful schema for an English conversation in the EFL context」についての講演
  1月10日 Charles LeBeau氏による「king Presentation Manageable & Managing Presentations」についての講演
  1月30日 関昭典先生による「e-Learningとアルクネットアカデミー」についての講演および中郷慶先生による「愛知淑徳大学の現代GPを振り返って」についての講演
  2月23日 科目間・教員間のコーディネーションミーティング
  3月2日 立命館アジア太平洋大学との交流会


7月16日 上智大学理工学部訪問 現代GP取組についての交流会

   上智大学理工学部は、南山大学総合政策学部と同時期に現代GP「仕事で英語が使える日本人の育成」に選定されています。特に科学英語の修得を目標としたそのプログラムは、English for Specific Purposesのモデルとしてとても学ぶことが多いものでした。ネット環境をうまく利用した学習ソフトの開発には目を見張るものがあります。It is encouraging to see how other GP programs are developing and implementing effective ideas.
このページのTOPへ戻る▲ 

 

10月14日 神田外語大学訪問および教育交流会、慶応義塾大学外国語教育研究センター訪問および教育交流会

  以前にも神田外国語大学のセルフアクセスセンター(SALC)には訪問していますが、今回は南山大学の取組の紹介をかねた交流会という形でお邪魔しました。また今年度常勤になったWorld Plaza Assistantも出張に参加しました。SALCも南山大学のWorld Plazaも教室外における学生の学習を支援する機能があり、学生の自主的参加や利用の継続等、どちらも似たような問題点を抱えています。お互いの知恵を出し合うことにより、より質の高い施設に改善していくことができればと思いました。後日、SALCの方も名古屋キャンパスのWorld Plazaを見学に来てくださいました。このようにお互いに学び合う機会を持つことが、これからもっともっと大切になってくるのでしょう。
このページのTOPへ戻る▲ 


12月17日 Tony Ryan氏による「Teaching a pedagogically sueful schema for an English conversationin the EFL context」についての講演

   Tony Ryan's presentation focused on solving a problem that many teachers face in the conversation classroom: how to help students structure their conversations in English in ways that are pragmatically appropriate. In the first part of the presentation, Tony outlined a systematic way to approach this problem, using ‘schemas’ such as ‘openers,’ ‘raising new topics,’ ‘asking questions’ and ‘closers.” Participants were provided with a list of schemas and lists of language appropriate for each one. In the second part of the presentation, Tony lead participants through a series of activities to demonstrate how to use these schemas in the university conversation classroom.

(Associate Professor, Department of Foreign Languages Education Aichi University of Education, Kariya, Japan) (from 1:30pm to 3pm in A511).
このページのTOPへ戻る▲ 

 

 

1月10日 Charles LeBeau氏による「king Presentation Manageable & Managing Presentations」についての講演

   Charles LeBeau gave a workshop on “Making Presentation Manageable & Managing Presentations,” in which the participants engaged in creating presentations, performing them, and reflecting on the process to better understand the learning process experienced by students. Here are the three elements focused on at the workshop:
1. How to make presentation manageable for non-native presenters: breaking presentation down into easily digested skills that can be mastered one-by-one.
2. How to manage in-class presentations: looking at in-class presentations from both the viewpoint of the presenter and the listener. How can the presenter work on both fluency and accuracy? How can the listener play an active role in the process?
3. How to do both informative speeches and simple persuasive speeches.

Charles LeBeau has written widely on teaching presentation, debate and discussion to non-native speakers. He is co-author of Speaking of Speech (MacMillan LHJ), Discover Debate (Language Solutions Inc.), Getting Ready for Speech (Language Solutions Inc.), and Discussion Process and Principles (Language Solutions Inc.).
このページのTOPへ戻る▲ 

 

1月30日 関昭典先生による「e-Learningとアルクネットアカデミー」についての講演および中郷慶先生による「愛知淑徳大学の現代GPを振り返って」についての講演

  東京経済大学の関昭典先生は、アルクネットアカデミーの利用方法に関してとても造詣が深く、我々も多くを学ぶことができました。e-Learningのソフトを導入すれば自律学習が可能になる・・といったmythの数々を分かりやすく解説しながら、アルクネットアカデミーを始めとしたe-Learning系のソフトの利用方法を提示されました。また、愛知淑徳大学の中郷先生は、愛知淑徳大学が行った現代GPの取組の全体像を詳細にわたり解説してくださいました。特に、多文化共生について理解を深める取組に関しては、その準備や手続き等、多くの時間と努力が教員・事務スタッフ側でなされてこそ可能になるものであると強く感じました。南山大学総合政策学部も現代GPが終わった後、来年度からの方向性が大きな課題ですが、愛知淑徳大学においてもその可能性を睨みつつ、現在検討中だということでした。GPが終わってから、がある意味で勝負なのでしょう。
このページのTOPへ戻る▲ 

2月23日 科目間・教員間のコーディネーションミーティング

  科目間・教員間のコーディネーションを促すため、FDの時間内に打ち合わせの時間やその方法論の共有のための時間を取っています。今回は、科目間におけるトピック、教材、課題、語彙、文法等の共有を通じて、学生にとって継続的な学びになるようにアイデアを出し合いました。教員の自主性や創造性を大切にして特色のある教育を目指し、教育者のモチベーションを維持しつつ、同時に重要な部分においての標準化を達成することが趣旨です。
このページのTOPへ戻る▲ 

3月2日 立命館アジア太平洋大学との交流会

  Robert Croker went to visit Asia Pacific University, located in Beppu, Oita Prefecture on Monday, 2 March 2009. The purpose of the visit was twofold: firstly, to explain the Nanzan University Faculty of Policy Studies Gendai GP project (学部教育と英語教育のシナジー的アプローチ) to the Asia Pacific University (APU) faculty; and secondly, to hear about the APU GP and MEXT projects from the APU faculty. APU have two programs that are of particular relevance to the Nanzan Gendai GP project, the Asia Pacific University 2007 Student Support GP Program (新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム), and the Asia Pacific University High Quality Academic Promotion Program (質の高い大学教育推進プログラム). A tour of the Ritsumeikan APU Media Resources Center was also provided.
このページのTOPへ戻る▲